高校・大学・語学の海外留学で進路を支援する学習塾のネットワーク【ISC留学net】

お気軽にお問い合わせください。(ISC留学net本部)

050-3786-0602

大場代表
ISC留学net代表兼LHE取締役会長
大場 規之OBA, Noriyuki
毎月10日更新

育つ力

 

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

2016年1月1日は、弊社にとって記念すべき日となりました。
昨年9月25日のブログ(http://iscnet.jp/archives/3890)に書かせて頂きましたように、これまでの株式会社和田塾が、株式会社ライトハウスエデュケーションに商号変更をし、さらに、英語教育に強いオプネット、独自の個別指導で成長を続ける名学館・掛川校と合併し、再スタートをすることとなりました。法人としての代表も私から松下一徳にバトンタッチをし、私は会長職を務めます。
これまで通り、ISC留学net に関しては私が代表を続けますので、留学事業に関してはこれまで同様の体制で進めさせていただくことになります。
今回の合併により、会社としての組織がより強化されましたので、留学支援をお求めになるお客様に対しまして、より強力でキメの細かいサポートを実現すべく、ご期待にお応えしてまいりたく存じます。
これまで同様、何卒よろしくお願い申し上げます。

話は変わりますが、
この1月6日から、アメリカ・ラスベガスでCES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)という世界最大の家電見本市が開催されています。今後の家電・IT機器・電化製品など、電機関連での未来を感ずる見本市と言っても良いでしょう。

今年のCESでは、「主役が電機から自動車へ」というのがトピックの様です。
・フォードが “家の中から車を音声で操作するシステムの開発” でアマゾンと提携
・BMWが車内のモニターに触らずに手の動きなどジェスチャーで操作する仕組みを公開
・トヨタがスマホと車載情報機器を接続する仕組みを進化
など、ここ10年で大きく変化した、 “車の駆動力がエンジンからモーターへ” という動きに加えて、より幅広い範囲で自動車の電気化が進んでいると言ってよいでしょう。

これまで、私も「車を家電量販店で購入する時代が来るかもしれない」などと自動車産業の変化について触れてきましたが、それが更に進んでいる事を実感します。

そんな世の中が変化する中で生きる私達。
これまでの既成概念にとらわれない、私たち自身の柔軟な変化が求められることは言うまでもないでしょう。
が。。。その変化に追随する事は簡単なことではないかもしれません。これまでの考えを修正し、新たなコトを学び、新たな常識を自分の中に創ってゆかなければならないからです。

こんな目まぐるしく変化する社会に生きる子供たちは本当に大変です。
それが大人の考えであり、子を持つ親心かもしれません。

・・・でもその一方で私は、実は子供たちはこれらをしっかりと受け入れ、変化に耐えさらに順応し、未来を切り開いていってくれるものだと信じています。
なぜなら、私は留学で多くの子供たちに接しながら、 “子供たちはたくましい” という事を肌で感じているからです。

お子さんを留学に出す親御さんたちが、言葉が通じない、常識が違う別世界で頑張る子供たちに対し、わが身を削られる思いで心配する事をよそに(・・・と言っても良いでしょう)、言葉の習得はもちろん、日に日にたくましく、どんな世界でも生きて行ける “生きる力” を、自らの体験や苦労の中で身につけてゆく姿に接しているからです。online blackjack もちろん ”大きな苦しみの中で、また、それを乗り越えながら” であることは言うまでもありません。

親や大人は、「子供を育てる」と言い、「どのように育てるか」という事をとても気にします。私もその一人です。

しかし、こうして考えてみれば、子どもたちは自らの “育つ力” を持っているわけですから、もっともっとその力を信じて、“育つ力を伸ばす” にはどうしたら良いか。という事をより意識しながら子どもたちに接する事が必要なのだろうと、年の初めにあたって想いを新たにしています。

これまでも、漠然と思ってはきたものの、2016年は  “育つ力” について、より強く意識しながら考えてゆきたいと思います。

今年一年が、皆様方にとってより良い年になりますように!

2016.1.10
大場規之