高校・大学・語学の海外留学で進路を支援する学習塾のネットワーク【ISC留学net】

お気軽にお問い合わせください。(ISC留学net本部)

050-3786-0602

留学は自分にとっての最良の選択

高校留学砂押 匠哉(Takuya Sunaoshi)

きっかけ

僕は今、カナダに留学しています。僕の留学が始まったきっかけは僕の両親からの一言でした。その話がでるまで僕の中には留学という選択肢が全くありませでした。僕の友達は高校受験を控え受験勉強をし、地元の高校に進学しようとしていましたが、しかし実際に志望校を見学したり、説明会に行ったりしても、あまり興味を持てず、どこかパッとしないなと感じました。「行きたい高校がない」と嘆いている僕に両親が「留学なんてどう?」と言いました。その言葉を聞いた瞬間、「そんな選択があったのか!」と驚き、その時点で心のなかで留学を決めました。

目標

留学をしていろいろな目標を立てることができました。やはり一番の目標は英語を話せるようになることです。でも、ただ単に英語を話せるようになるといっても、どのくらい話せるかが重要です。僕はネイティブスピカーの家族と暮らしているので、最終的にはネイティブに近いくらい流暢に、良い発音で話せるようになりたいと思います。でも、それが簡単なことではないことは十分わかっているので、とにかく英語を真剣にしっかり学ぼうと思います。英語を流暢に話している自分を想像することは、とても良いモチベーションになっています。しかし英語の勉強をすることだけが留学ではありません。僕はマラソンをしていますが、次の学期がマラソンのシーズンなので、それでいい結果を残すことも目標の一つです。次の学期にある一番大切なレースで絶対に州大会に出たいです。

生活

海外での生活は日本で体験できないことの連続です。初めは、少しの買い物やバスでも緊張しました。緊張したけど、新鮮さを味わうことができました。何度も道に迷ったこともありました。その時、僕はカナダの人のほとんどが優しい人だなと思いました。道を尋ねれば親切に教えてくれるし、ある女性は地図まで書いてくれました。あと、道を英語で尋ねることができた時、とても嬉しく感じました。生活の中で日本と違うなと大きく感じたところは両親がいないということです。日本にいるときは洗濯や掃除は任せっきりだったし、他にも困ったことがあればすぐに相談することが出来ました。しかし、留学をしてホームステイで暮らしているとほとんどのことを自分で考え、行動し、解決しないといけません。最初は大変だと思いましたが、3ヶ月生活すると慣れてきたし、成長を感じられることが多いので嬉しいです。

留学を考えている方へのメッセージ

僕は留学をお勧めします。僕は留学を決める時あまり迷いませんでしたが、迷っている人がいるなら、その人は留学するべきだと思います。正直、僕が留学という選択をして、それが最良の選択であったと思えるからこそそう言えるのですが。留学することにはたくさんのメリットがありますが、なによりも一番のメリットはとても楽しいということだと思います。さらに、日本に留まっているだけでは体感できないような経験・感覚をたくさん味わうことができます。自分の知らなかった一面を見つけることもできます。留学は自分を成長させることができるとても良い環境だと思います。


留学に関するお問い合わせは ISC留学net にお気軽にどうぞ。