高校・大学・語学の海外留学で進路を支援する学習塾のネットワーク【ISC留学net】

お気軽にお問い合わせください。(ISC留学net本部)

050-3786-0602

保護者の方へ

留学で得るお子さまの成長とは

お子さまはこれからの日本の未来をどう生き抜けますか?

これからの厳しい時代

ご存知の通り日本はとても厳しい状況です。
出口の見えない不況、雇用の悪化、中国等の新興国の台頭で弱まり続ける日本の国際競争力、 内向き、下向き、後ろ向きで内篭りになっていく若者。

日本で世界的に活躍する楽天やユニクロでは社内で英語を公用語とすると発表し、また今後、 英語を採用や昇進の条件とする企業がますます増えることでしょう。

英語力があればよいか、というとそれだけではありません。

企業が求めている「これからの社会で活躍する人材」は、英語力に加え、異文化とのコミュニケーション能力や異文化への共感力、自立心です。企業が大卒の日本人でなく、日本語のできる外国人を採用し始めているのはまさにその表れです。

main_img1

これまでの日本とは違い、これからは目的もなく漫然と進学をすればおのずと未来が開ける時代ではなくなりました。しっかり将来を見据えてこの若い時期を有意義に過ごした若者こそが、これからの社会に求められる人物となります。

これからの社会を生きる若者の選択の一つ「海外留学」

将来に向けての目標があって日本の高校や大学に行き、知識・技術を磨くのは良いことでしょう。しかし、将来の目標がまだ定まっていないのであれば「海外留学」という選択をしてみてはどうでしょうか。海外留学を通じてこれからの社会を生き抜くための一生モノの力を身に付ける、そのことの重要性をぜひとも保護者様、お子様にお伝えしたいと思います。

現在、アジアに代表される国々は、子供がこれからの国際社会で生き残るために積極的に留学させ国際競争力を高めている中、残念ながら日本は立ち遅れていますが、海外留学はもう特別なことではなくなっています。

海外留学でお子さまが得られるもの

海外留学では、日本では得られない驚き、感動、そして困難がお子様を待っています。
そんな一日一日の積み重ねを乗り越え帰国したお子様を想像するとどうでしょうか?

ISC留学センターでは過去300名以上の生徒を海外に送り出してきましたが、留学から帰って来た学生は一様にたくましくなります。そんな、たくましくなって帰ってきたISCの先輩留学生に今回、インタビューしました。

「あなたは留学で何を学びましたか?」

驚くことにその答えは非常に共通していました。

自分で物事をやり遂げる 「自立心」
相手の考えを尊重する  「共感力」
自らの意見をハッキリ持つ 「意志力」
様々な人との触れ合いで得る 「コミュニケーション力」
上向き、外向き、前向きな 「明るさとポジティブさ」
海外のスケールに触れることで得る 「広い視野・視点」
留学へ行かせてくれた親への 「感謝の気持ち」

そして最後に・・・「英語力」

parent-pict10

これらはきっとこれからの社会を生き抜くために必要な一生モノの力となるでしょう。
留学は、これからの社会を生き抜くための「自信」と「生き抜く力」をお子様に与えてくれます。

私たちISCはその思いで、留学をご検討される保護者様、お子様を力強くサポートいたします。
留学ってどんなもの、というご質問でもお気軽にお問合せ下さい。
ISCのプロカウンセラーが分かりやすく丁寧にお答えいたします。