高校・大学・語学の海外留学で進路を支援する学習塾のネットワーク【ISC留学net】

お気軽にお問い合わせください。(ISC留学net本部)

050-3786-0602

企業が期待する人材とは?

企業が期待する人材像を知ろう

これからの社会で企業が求める人材像はどのようなものでしょうか?ユニクロや楽天が世界を視野に入れた大々的な取り組みをしていることは今では知らない方の方が少ないのかもしれません。

優秀な外国人の採用を増やすことや、社内公用語を英語とする取り組み、そして英語力を昇進の条件にするなどの取り組みを急加速で進めています。

企業が求めているのは単に英語ができる人材にとどまりません。英語力だけではなく、それ以外の能力にも大きな期待をしている点がとても重要となります。

1

『海外へ留学している日本人留学生に期待する能力』とあるように、留学経験にてこれらのチカラがあなた自身に備わることを期待しているということの表れでもあります。もちろん、日本国内で学生時代を明確な目標を持ち、自主性・主体性を持って臨んで行けばこうしたチカラが得られることでしょう。

しかし、現実としては甘えが許される環境では、やはり企業が求めているこうしたチカラを得るのは難しいと言えます。

企業が留学経験者をどのように活かしたいかを知ろう

留学経験者を求める企業が今後、増えていくことは多くの調査結果が物語っています。その理由はなぜでしょうか?これまでのように国内市場が右肩上がりの時代であれば、国内で頑張れば何とか潤っていきます。また日本の技術が優勢を続けていれば、外国企業が日本語を学べば良い位の強気なことが言えたのかもしれません。

しかし現実は国内市場は縮小を続け、がんばれば何とかなるというものではなくなっています。そして中国や韓国の技術力は日本に負けじと高まっていき、おまけにコストという点で大きく水をあけられつつある状況です。

海外へ留学している「日本人留学生」の採用理由

そんな状況の中で、日本企業が海外企業と闘っていくにはどうしても留学経験者のチカラが欲しいのです。これは日本企業に限ったことではありません。外資系の企業も同じくです。

留学経験者の採用意欲を知ろう

今後、海外へ留学している「日本人留学生」の採用数について

みなさんは上図を見てどうお考えでしょうか?
1割以上の企業が留学経験者の採用を増やす予定という事実に対し、思ったよりも留学経験者の採用意欲は低い、ととらえるか、留学経験者のニーズの高まりを感じるか、人それぞれだと思います。みなさんにはこのデータだけでなく、上で述べたこともトータルで考えることが求められます。

日本を取り巻く環境と各企業の取り組みを見たとき、この数字が今後どのように変わっていくかは語らずとも、だと言えます。

またもう一点、注視していただきたいのが、大手企業に限ったことではない、ということです。業種業態や規模を問わずという点がとても大事な点です。

一つエピソードを。ISC留学net本部のある浜松市は製造業の町ですが、下請けの町工場がたくさんあります。社員の数は10名もいないような町工場もたくさんあります。とはいえ技術力は素晴らしいものがあります。そんな町工場ではこれまで国外企業からの依頼があった場合、海外からの依頼書を外注に翻訳してもらい悠長に取り掛かっていました。しかし今ではすぐに対応していけないと商売あがったりになってしまうほどシビアになっています。
町工場の中にも国外企業に速やかに対応できる人材が求められているのが現実です。

未来を羽ばたくために

「日本人留学生」に対する採用スタンスについて

これまでの日本とは違い、これからは目的もなく漫然と進学をすればおのずと未来が開ける時代ではなくなりました。
しっかり将来を見据えてこの若い時期を有意義に過ごした若者こそが、これからの社会に求められる人物となります。
海外留学を通じてこれからの社会を生き抜くための一生モノの力を身に付ける、そのことの重要性を知ることは大切なことです。

現在、アジアに代表される国々は、子供がこれからの国際社会で生き残るために積極的に留学させ国際競争力を高めている中、残念ながら日本は立ち遅れていますが、海外留学はもう特別なことではなくなっています。 留学をするかしないか、ではなく、いつするか、という時代が来ているという考えも、一つの事実として受け入れていかねばならないことかと感じております。