高校・大学・語学の海外留学で進路を支援する学習塾のネットワーク【ISC留学net】

お気軽にお問い合わせください。(ISC留学net本部)

053-449-6661

大場代表
ISC留学net代表兼LHE取締役会長
大場 規之OBA, Noriyuki
毎月10日更新

座右の銘

月2回書かせて頂いておりますこのブログも今回で124回。もう6年目に入りました。

過去に何を書いたか忘れてしまっている自分に、いろいろな方から、「あの話はどの後どうなった?」とか、最近では、「またツバメの季節ですねえ」などと言われました。ありがたい話です。
時々、メルマガにしたらどうか、というお話を頂戴しますが、なんだか押し付けるようで、私の性分に合わない為、これからも、ご面倒をおかけしますがサイトにおいでください。

そんな中、ブログの話に端を発し、「大場さんの座右の銘は?」といった事を聞かれました。

座右の銘と言うほどではありませんが、中学の時の冬休み、「好きな4字熟語を書初めで書いてきなさい」という宿題で、“不言実行” という言葉を選んで以来、40歳になるまでの二十数年間は、ひたすらこの “不言実行” を目指していたような気がします。これが座右の銘だったと言ってよいでしょう。

ところが、40歳を超えて社会が見えてくると、世の中の立派な人たちは “有言実行” を目指している事を強く感じ始めました。また、政治家などはよくこの言葉を使う事にも気が付きました。 口にしたものをその通り実行する方が、なんだか立派な様な、頼りになる人という印象を与えるような気もします。

そんなことから、自分も志しとして “有言実行” にするべきなのか?

と随分と長い間、くりかえし、くりかえし、不言実行と有言実行について考えるようになったのです。

Googleなど検索エンジンで、“不言実行 有言実行” と検索すると、「不言実行と有言実行。どちらが偉い?」などというブログなどが出てくるなど、様々な比較がされているのがわかります。やはり、比べているのは私だけではない事が判ります。また、有言実行と言う言葉は最近使われ始めた言葉で、本来の使い方は不言実行であるなどという事も載っています。

さて、自分はどちらを選ぶべきなのか?

もう10年以上考えているのに、決定的な答えを見つけられないものの、落ち着き場所は、
「有言実行もいいけど、自分には不言実行が合っている」というところです。
しばらくすると「・・・やっぱり有言実行を目指すべきか?・・・」と考え始めるという情けない有様ですが(笑)。

私は、会社の代表をしているわけですから、有言実行こそ必要な資質。

とも考えられなくもない訳ですが、声高に言わずとも、また、事前に宣言することもなく、粛々とすべきことをする。という事のほうが、代表として云々の前に、人としてそちらの方に私は魅かれるのです。

大場規之

2014.5.25