高校・大学・語学の海外留学で進路を支援する学習塾のネットワーク【ISC留学net】

お気軽にお問い合わせください。(ISC留学net本部)

053-449-6661

大場代表
ISC留学net代表兼LHE取締役会長
大場 規之OBA, Noriyuki
毎月10日更新

サクラ咲く

このブログも今回で2年目に入りました。

塾のインターネットサイトのリニューアルに併せて、「初めてくれ」とのスタッフのリクエストに、月2回程度ならと、安易にYesと言ってしまった処からのスタートでした。それ以降、2週間のサイクルが本当に早く、昨日書いたと思ったら、また締切?の繰り返しで1年があっという間に経過しました。歳を取るのが早い訳です・・・。

 

この期間、思いもかけない方から「ブログ読んでますよ」などと言われて、かなりの回数びっくりしたものですが、結構刺激的な内容を書いたつもりでも、賛意を表して下さる方が多かったり、応援をして下さる方が多く、この取り組みで意外なほど多くの皆さまとの接点を持ちながら、自らの方向性の確認をさせて頂く事ができました事は本当に大きな喜びです。

 

期日間際に自分の日々考えている事を急いでまとめる習慣も付き、この1年でずいぶんと鍛えられた気がします。課題を与えてくれたスタッフに感謝をしなければいけません。

 

 

さて、この春も多くの塾生が目標としていた学校に合格をし、希望を胸に新たな一歩を踏み出してくれました。“その日・その時”の為に指導をしてきた私達にとって、塾生やそのご家族と並んで本当に嬉しい事ですし、そうした喜びを与えてくれた、これまで苦労に耐えて頑張ってきた全ての塾生の皆さんに、この場を借りて心よりお祝いとお礼を申し上げます。

 

公立高校の合格発表の数日後、当塾X校の自習室にいつものようにN君の姿がありました。

 

地元の最難関校を目指したN君。

思い返せば、夏休みの朝早くから、台風のような雨の日も、そして寒い冬の夜も・・・N君は、X校の自習室で、いつもの席でひたすら目標に向かって勉強をしていました。合格圏ボーダー・・・という状況の中、そのひたむきな姿に皆が打たれ、皆で合格を祈ったものです。

 

そして合格発表の日。発表の時間から数十分したころだったでしょうか、お母様からX校の校舎長宛てに「合格しました!」のお電話。それと知った周りの社員は皆で心からの拍手を送りました。本当にうれしい合格の知らせでした。

 

話を元に戻して、合格発表から数日後の自習室。そこにいるN君に、思わず駆け寄って「おめでとう!」と言葉を掛けたN君から返してもらった言葉。

「僕は勉強は大嫌いなんです。でも頑張ってこられたのは、和田塾の先生方の『自らを取り組む姿勢にさせる』励ましや指導のおかげです。有難うございました!!」

目をキラキラさせながら、そう言ってくれました。涙の出る思いでした。

 

サクラを見ながらN君は今日も頑張っているでしょう。

こうした若者が次代を担ってくれるんだと思うと、嬉しくて、私達も頑張らなければ。と元気が出ます。

 

2010.4.10

大場規之