高校・大学・語学の海外留学で進路を支援する学習塾のネットワーク【ISC留学net】

お気軽にお問い合わせください。(ISC留学net本部)

053-449-6661

大場代表
ISC留学net代表兼LHE取締役会長
大場 規之OBA, Noriyuki
毎月10日更新

B面にこそ

 

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い致します。
酉年は商売繁盛、金運アップ、学業成就など、成長が期待できる年とも言われているようです。
今年が皆様にとってこうした1年でありますようにご祈念申し上げます。

このブログも足かけ9年目に入り、掲載回数は今回で172回目となります。
想いもかけない時に、お話や電話の中で「この前のブログに書かれていた・・・」と話題に取り上げていただく事があり、継続的に読んで頂いている方々がおられることに感謝しながら、今年1年も私の勝手な想いを綴ってゆきたいと思います。

昨日は、私の住む地元の自治会(72世帯)の新年の集まりがありました。いつものように、冒頭には自治会長のご挨拶がありました。内容の濃いお話で、昨今の世界情勢から地域の状況まで、昨年を振り返りながら今年に向けての抱負を述べられておりました。
私の今住んでいるところは、私が生まれ育ってから大学に進学するまでの18年間と、36歳で帰郷して現在までの合計35年間暮らしていることになります。最寄りのJRの駅まで10キロ近い距離があるこの地域は、“里山”と呼ぶにふさわしい、日本の田舎を絵にかいたような山と農地に囲まれた所です。
そんな忘れ去られようとするような(笑)、片田舎の自治会でも、トランプ次期大統領の就任に関する事、イギリスのEU離脱に関する事などが、自治会長のお話の中に出てきて当然の時代になったんだと改めて認識を新たにしました。
少し前までは、もっともっとローカルな話題に終始する事がこうした集まりでは当たり前でしたから。

これまで、このブログでもグローバルな視点での教育や、グローバル人材育成についてなど、さらに最近では、ダイバーシティ(多様性)という言葉にも触れながら、日本の子供達がこれからたくましく生きてゆく為に、世界的な視野で物事を考えてゆきたいという事をお伝えしてまいりました。

先の自治会の集まりの話に限らず、既に日本中くまなくと言っても良いでしょう、このグローバル化の波は完全に押し寄せており、私たちは、
・ この波にどのように乗り利用してゆくのか、また、
・ その波を自らがどのように起こしてゆくのか、更には、
・ グローバル化の方向性が変化していると言われ始めその方向性をつかむ
といった、一歩進んだ次元で対処してゆかなければならない時代になってきていると言っても過言ではないでしょう。

未来ある子供たちの教育に関わらせて頂いている私たちが、この認識を改めて強く持たなければいけないと感じた昨夜の自治会長のご挨拶でした。

さて、ここからが今日お伝えしたかった内容です。(笑)
このブログは1000字を一応の目安としているのですが、ここまでで既に1000字を超えてしまいました。。。新年に免じてあと少しお付き合いください。

先日NHKのファミリーヒストリーという番組で小林幸子さんが取り上げられていました。
私は芸能界の事について疎く、小林幸子さんの事について知っている事は殆ど無かったのですが、番組からは小林さんが10歳で父親の働きかけでデビューして以来の様々な浮き沈みや人間模様が伝わってきました。

その番組の中で一つ。とても印象的だった話があります。
10歳でのデビュー直後のヒット以外、ヒット曲に恵まれなかった小林幸子さんが、15年ぶり、200万枚の大ヒットとなった「おもいで酒」についてです。
この曲は、当初「六時、七時、八時あなたは・・・」という曲がA面のレコードの、B面に収録されていた曲だったようです。
当時のレコーディングディレクターが、このB面の「おもいで酒」の収録作業の時の話として以下の様なコメントをしていました。

「当初予定していた収録日、風邪気味で本人としては満足のゆく収録が出来なかった。本人の“どうしても”という希望で、やむをえず収録日を変更しての再収録となった。その再収録が無ければあの大ヒットは生まれていなかったに違いない。」と。
15年間ヒットの無い歌手のB面ですから、ディレクターも再収録は避けたかったに違いありませんが、B面だからといって力を抜かない、小林幸子さんの真剣さと熱意が、そのディレクターを動かしたのでしょう。

小林幸子さんのその後のサクセスストーリーは、この一つの出来事だけではなく、ご家族など様々な人々とのかかわりに支えられ、加えてご本人のたゆまぬ努力の賜物ですが、この“B面にも力を抜かない”姿勢が一つの象徴なのだろうと感じました。

ISC留学net も来年には10年を迎えるようになります。これまで多くの皆様に支えられて、順調に評価をいただいて参りました。そして、この期間に留学され、既に留学生OBとなられている皆様からの声にも、私共の胸が熱くなるような喜びの声がより多くなっています。

今年も、これまで以上にご留学をされる皆様にお役に立てますように、“B面にこそ力を入れる”位、全力で努力をしてまいりたく存じます。

ところで、
“教えてgoo”などでは、“A面B面とかはどういう意味なんですか?”という質問が寄せられるくらい、レコードの存在は遠いものになってしまいました。風邪もひきやすくなって、どうしても年齢を感じざるを得ない今日この頃です(涙)。
が、今年も頑張ります。
改めまして、今年もよろしくお願い致します!

2017.01.10
大場規之