高校・大学・語学の海外留学で進路を支援する学習塾のネットワーク【ISC留学net】

お気軽にお問い合わせください。(ISC留学net本部)

053-449-6661

大場代表
ISC留学net代表兼LHE取締役会長
大場 規之OBA, Noriyuki
毎月10日更新

英語力をつける

このブログも何と4年目に入りました。
月2回ですから3年で72回。
もう何を書いたか忘れてしまいましたが、時々書いた内容について色々な方から話をされるので、「そんなことも書きましたね」と言いながら、こちらが先方の話についてゆくという始末です。
皆さんにご興味を持って頂くことは幸せな事ですが、読まれていると思うとだんだん筆が重くなります。また、責任も感じます。皆さん気楽に読み飛ばして下さいね!(笑)

最近、「英語はどうしたら上達しますか?」といった質問を続けて受けました。

私は英語の専門家でもありませんし、どちらかというと英語は学問的にも実用的にも苦手でして、私に聞くのは適切ではないと思いつつも、学習塾の塾長であり留学をご紹介している私を、「きっとこの人は英語が得意に違いない」と美しい誤解をされて(笑)おられるのだから、期待に反してもいけないと思い、精一杯のお答えをしました。

私の答えはこんなものです。

多くの学生、日本人は、一般的に、ヒアリング、そしてスピーキングが何と言っても苦手で、基本的な文法力はある。と表現しても良いくらい、強い傾向、というか特徴があります。 これは、留学先の学校の先生方も口をそろえて言う事でもあります。

前述の中で、特にスピーキング。この克服は大きなテーマです。
日本の学生は、多くの場合、日本語でも「自分の想いをまとめて口にする」トレーニングを積んでいません。苦手な人が多いのです。私もその一人です。日本語で伝えられない人が英語で想いを伝えられるはずがありません。
ですから、多くの日本人にとって、英語で自分の想いを伝えることは、「想いを口に出せない」ということと「英語で表現できない」という事の二重苦となってしまいます。

従って、英語のスピーキングを克服しようと思ったら、まず、日本語で自分の想いを伝えるトレーニングをする事だと思うのです。英語を上達させようと思ったその日から、日本語での日々の会話の中で、自分の発言が正しかろうが間違っていようが気にせずに、まずは口にしてみる事です。しかも、冗長な表現や会話にせずに、端的で短い文章で口にしてみるトレーニングを、自分なりにする事です。
これができるようになれば後は英語で表現するだけです。

多くの方が「それが大変なんだ」と思われるかもしれませんが。
例えば、日本語で「今日は天気が良い」ということを、
「天気いいね」
「よい天気だね」
「素晴らしい天気だね」
「はれてるね~」
「今日は天気だ」
「いい天気っ!」
「天気最高~」
などなど、様々な表現がありますよね。
実際はどの表現でも“正解”といえるでしょうし、伝わるでしょう。
杓子定規に考えなければ、相手に想いは通じるものです。

まずは文法的に正しいかどうかは別にして、知っている単語を使って、勇気を持って「伝えよう」という気持ちがあれば、かなりの部分の想いを伝える事ができ、結局「スピーキングの克服」になってゆく。と思います。

もう一つは“単語力”です。
単語を知らなければ、それこそ「話」になりません。
どんなに文法力があっても、耳が慣れていても、話すトレーニングができていても、単語を知らなければダメです。

これは、日々の努力の積み重ねです。そして、単語力は日本に居てもトレーニングができます。
例えば、「かゆいな~」と肌を掻くとき、「掻く」って英語で何だっけ?
などと、日々の生活の中で一日5語、単語を覚える習慣をつけるだけで100日あれば500語マスターです。

英語の全ては単語から始まると思って、是非実践して見て下さい。
“克服1000単語”などという単語の本も売られていますが、これは受験には必要かもしれませんが、生活の中でこれを覚えるのは苦痛です。私も実感としてわかります。
ですが、日常生活の中で使う言葉を英語に置き換えて覚える(手帳に書くなど)作業は、本を使って覚えるよりも覚えやすいはずです。

これで試験に合格したり、TOEICやTOEFLのスコアに結び付くかどうかは別にして、また、英語の専門家化からしたら “何だそんなこと” と思われるかもしれませんが、

“実践” というポイントからすれば、この3点

・想い(考え)を端的にまとめるトレーニング
・伝えようという気持ち
・日常生活の中で単語を覚える

はまんざらではないと思っています(勝手に・・・笑)。

何かのご参考になりましたら幸いです。

大場規之
2012.4.25