高校・大学・語学の海外留学で進路を支援する学習塾のネットワーク【ISC留学net】

お気軽にお問い合わせください。(ISC留学net本部)

053-449-6661

大場代表
ISC留学net代表兼LHE取締役会長
大場 規之OBA, Noriyuki
毎月10日更新

ライフワーク

先日、ある著名な方と、仕事とは全く無関係なお話を1時間ほどする中で、突然、「大場さんのライフワークはなんですか?」
と聞かれました。
続いて、「社長さんだから会社経営ですか?」と。

明確に “会社経営” でないことは確かでしたので、「そうではありません」と答えました。
もちろん、会社の経営はお客様に対し、従業員に対し、自らにとっても大変重要ですが、それが目的ではないからです。
そして、ちょっと考えて、 「子供達を育てる事です」と改めてお答えをしました。
また、続いて 「いや、一人でも多くの子供がたくましく育てもらう為の支援をする事。といった方がよいでしょうか」と補足しました。
お相手の方は「そうですか。」とおっしゃられ、その件に関してはそれ以上の話にはなりませんでした。
なぜそんな事を聞かれたのかわかりませんし、私もそれ以上聞かないでおく事が将来の楽しみでもあると思って、深堀りはしませんでした。

はずかしながら、その質問をいただくまで、“ライフワーク” を真剣に考えたことはありませんでした。
が、それ以来、1週間ほどになりますが、“自分のライフワークとは?” 自問自答の日々が続いています。

なぜ自問自答しているかといえば、
まずは、とっさに答えた前述の答えが本当にそうなのかどうか?
その為に今何をしているのか?また何をしてきたのか?そして、これから何をしてゆくべきなのか?
さらに、その “ライフワーク” は本当に価値のあるものなのか?
といった事を繰り返し確認しているのです。

そして、そもそも “ライフワークとは” という事についても自分自身で考え直しています。

広辞苑(第三版)によれば、“一生を掛けてする仕事や事業”とあります。
私は今月49歳になってしまいました。
少し前までは、様々な仕事や活動をする中で、一番若いメンバーであったり、「若くてうらやましい」と言われたりしてきましたが、気が付いたら、今では一番若いどころか“一番の年寄り”である事も少なくありません。
年齢を重ねた今こそ、“自分のライフワーク” を見つめ直し、社会に貢献できる機会を増やしてゆける “お年頃(笑)” だと思っています。

このISC留学netの活動を更に広め活発にしてゆく事は、私のライフワークの一部である事は間違いありません。

大場規之
2012.6.25